« | 2017/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

ABOUT ME

HN : もあ

HN : もあ

Feb.2005にHBを買ってから始めたパン焼き。
自己流なので失敗も多いのですが、少しずつ上手に焼けるようになりたいなぁ。

「使用機種」
*象印 BB - HA10
「好きなパン」
*ハード系パン
噛みしめるほどに、甘み、香ばしさ、そしてほんのりとした酸味など、素材の味がジンワリ広がる…そんなパンが好き。
クルミやドライフルーツがギュッと入ったパンもスキ。
*天然酵母パン
HB買う時も「天然酵母の種起こしができる機種」と決めていました

よろしかったら…
「2~4月のパン」もメインサイトの「過去のパンindex」からどうぞ…
これまでの材料お買い物歴もあります
(上のLINKSから)

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ麦パン ラムレーズン*ナッツ 

0722pan.jpg

*材料*
準強力粉:リスドォル…220g
ライ麦粉…80g
三温糖…16g
塩…5g
水…160ml
ドライイースト…3g
くるみ…50g
松の実…20g
カレンズ…20g
レーズン…45g
ラム酒…大1.5

*作り方*
レーズンとカレンズは熱湯をかけ油を抜き、ラム酒大さじ1.5に漬けておく。くるみ、松の実、レーズン、カレンズ以外の材料をパンケースにセット、コネ終了35分で取り出す。
ナッツとレーズン類を混ぜ、10分ベンチタイムをとる。 炊飯器の上で40分二次発酵、200℃で17分焼く。

*コメント*
同じ生地で4分割し、2つはナッツとレーズン。残りはナッツのみにしました。ラムレーズンを生地に混ぜると捏ねにくい。あんまり捏ねるとレーズンが崩れてよけいベタベタになるので難しかったけど、何とか形になった?お友達にあげたいけど…大丈夫かな~?ちょっと不安。

くるみ&カレンズdeプチパン

kr.jpg

*材料*
最強力粉:ゴールデンヨット…75g
準強力粉:リスドォル…45g
三温糖…8g
塩…3g
水…100ml
ドライイースト…3g
無塩バター…15g
くるみ…50g
カレンズ…適量

*作り方*
くるみとカレンズ以外の材料をパンケースにセット、コネ終了35分で取り出す。
くるみとカレンズを混ぜ、軽くガス抜きして6分割、10分ベンチタイムをとる。 保温中のポットの上で35分二次発酵、190℃で17分焼く。

*コメント*
同じ分量の生地に黒ごまを混ぜて、チーズを包んだ得意の(?)ごまチーズパンも作って、お友達みんなで集まる時に持って行きました。教室で習ったこの分量のパンは、今のところ失敗知らずで美味しく焼けています。

ライ麦ロールパン&ライ麦チーズ

roll2.jpg

*材料*
最強力粉:ゴールデンヨット…270g
ライ麦…50g
三温糖…16g
塩…5g
水…180ml
ホシノ天然酵母ぶどう種…大2
無塩バター…20g

*作り方*
材料をパンケースにセット、一次発酵までHBで。
軽くガス抜きして14分割、10分ベンチタイムをとる。半分はチーズを包んだパンに成形しました。半分はロールパンの成形に(また)チャレンジ。保温中の電気ポットの上で35分二次発酵、190℃で15分焼く。

*コメント*
う~ん、成形直後の写真が↓なんだけど、かなり満足な感じだったの。
今回はもしや?なんて期待してたのに、焼きあがったら上の写真のように…。
ロールの形跡が薄いョ~(ガッカリ)
ロールパン成形への道は遠いのであった。

roll1.jpg


同じ生地で成形したライ麦チーズです。
rayc.jpg

プチパン(はるゆたか100%)

20050712000152.jpg

*材料*
国産小麦粉:はゆるたか100%…160g
三温糖…8g
塩…3g
水…100ml
ドライイースト…3g
無塩バター…15g

*作り方*
材料をパンケースにセット、捏ね終了から35分で生地を取り出す。
ガス抜きして6分割、10分ベンチタイムをとる。
成形し、保温中の炊飯器の上で30分二次発酵、190℃で15分焼く。

*コメント*
ふんわりもっちり、割ろうとするとグゥーンとのびる生地。
口に入れるとバターと粉の甘い香りと味が、口に広がり鼻に抜けます。

くるみとチーズのライ麦パン

20050711124150.jpg

*材料*
最強力粉:ゴールデンヨット…60g
準強力粉:リスドォル…60g
ライ麦…50g
三温糖…8g
塩…3g
水…100ml
ドライイースト…3g
無塩バター…15g
くるみ…50g
チーズ:適量

*作り方*
くるみとチーズ以外の材料をパンケースにセット、一次発酵までHBで。
くるみを混ぜ軽くガス抜きして6分割、10分ベンチタイムをとる。
チーズを包み成形し、室温で50~60分二次発酵、190℃で15分焼く。

*コメント*
小さなプチパンの中に、たくさんのクルミ。うーん、これまたおいしくできました。
成形も以前よりきれい!(だと思う)以前のパンがすごく雑に見えます…。
ちょっとしたことなんだけどね。
見た目って大事!(教室行ってから自分のパン絶賛しすぎですね;)
お教室で先生に教わったら、いかに今まで自分がパン生地をイジメすぎていたか知って、驚きました。

材料の分量は、教室で教わったものを基本に若干アレンジしています。

ライ麦ロール

20050710175927.jpg

*材料*
最強力粉:ゴールデンヨット…110g
ライ麦…50g
三温糖…8g
塩…3g
水…100ml
ドライイースト…3g
無塩バター…15g

*作り方*
材料をパンケースにセット、一次発酵までHBで。
軽くガス抜きして6分割、10分ベンチタイムをとる。
成形し室温で35~40分二次発酵し190℃で17分焼く。

*コメント*
ゴールデンヨットを使ったのと、教わった方法で、ふわふわロールパン生地に粒々ライ麦の食感のコントラストが絶妙!(褒めすぎ?)
ギュッと詰まった生地にライ麦もいいけど、ふわふわだからこそライ麦の食感がいきるってのもありだねぇ。
あとは、ロールパンの成形のコツを教わりたいな。きっとあるはず…♪

ごまチーズバンズ

0709pan.jpg

*材料*
準強力粉:リスドォル…260g
三温糖…4g
塩…3g
水…170ml
ドライイースト…3g
黒ごま…大1
チーズ…適量

*作り方*
チーズ以外の材料をパンケースにセットし、一次発酵までHBで。(HBで食パンを焼くつもりでセットしたので、このようなことに…。)
途中で成形パンを焼こうと気が変わったので、コネが終わって35分で生地を取り出し、6分割し15分のベンチタイムをとる。チーズを適量包むように成形し、室温で55分二次発酵。190℃のオーブンで17分焼く。

*コメント*
昨日習った数々のポイントを思い出しながら作りました。そしたら…今までとは違う、昨日習ったパンに近い食感に焼きあがりました。すごーい!
教わったとおりにやれば、教わった通りのパンになる…。当たり前なんだけど、なんか感動。

バタール…?

気になるパン屋さん「なまけもののパン屋」という天然酵母のパン屋さん。
パンはもちろんのこと美味しそうなのですが、パン屋さんのパンに対する想いが伝わってきます。
自分の好きなことを仕事にできる素晴らしさもありますが、好きなことを仕事にする辛さや、大変さもあると思います。(分かった風な言い方…、恐縮;)
万人受けして簡単に買ってもらえるもの(売れる物)と、好きな物、伝えたい物、食べて欲しいもの、一致するとは限らないでしょうし。その間で、自分の思いを貫き通す…。
このパン屋さんのサイトを見ていて、パンだけじゃなくて、パン屋さんのパンに対する想い、生き方伝わります。

もあはHB使ってるし、趣味だけど…。しかもすごく適当な作り方;
だけど、思わず粉と塩と酵母だけのリーンなパンを焼いてみたくなりました。
スペルト小麦のサイトのレシピ(バゲット)を参考に。

0531pan.jpg

*材料*スペルトジャパンレシピ集(バゲット)ベーカーズパーセント参照
準強力粉:リスドォル…200g
古代小麦:スペルト小麦…50g
塩…4g
水…150ml
ホシノ天然酵母生種…15g

*作り方*
全ての材料をパンケースにセット。一次発酵までHBで。
本当はミキサーなど使って捏ねる場合も、ゆっくりした回転で、生地を傷めないようにしないといけないらしい…。
でも、平日に天然酵母のパンを焼くとなると、時間的に難しいので…今日のところは;
こちらも詳しくは、スペルトジャパンのレシピ集を参照してください。

*コメント*
バゲットのレシピを参考にしてますが、オーブンが小さく鉄板も丸型なのでバゲットの成形&分量は物理的にも無理(技術的にもだけど;)
とりあえず…バタールと言うのも申し訳ないようなモノを焼きました。
酵母の分量が、レシピのベーカーズパーセントだと6%。いつもだと8~10%くらいは入れるから、これで足りるのかな~と不安だったけど、ちゃんと膨らみました。
しかもガッツリ入れたはずのクープ…全然足りなかったみたい。エッジが立つどころかクープ自体消えかかり…そして底割れまでしました。
ware.jpg
焼成形は210℃で30分だったのですが、温度をもう少し上げた方が良かったかな…。もう少しクラストがパリッとしてもいいかも。クラムは想像以上にしっとり、もっちりでした。

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。